レディ

明日葉入りの青汁を飲めば生涯健康で過ごせる

子供や大人に人気の1杯

女性

乳酸菌か百薬の長か

湯で汁も健康に良いため、飲まれることも多い明日葉ですが、それを丸ごと使った青汁は、健康効果が高い青汁としてシェアを広げています。そして明日葉の青汁の召し上がり方ですが、薬とは違いますので特定の決まりはなく、お好みのタイミングで自由に飲めることが魅力です。朝の食事時に召し上がりますと、1日のスタートに最適な栄養補給になりますし、お風呂の前後なら、脱水症状を防ぐ水分補給にも役立ちます。1日の摂取量を複数回に小分けして飲んでも構わないことが一般的なため、その都度少量ずつ水に溶かして飲むことも可能です。一方、明日葉の青汁は、水以外に溶かしても召し上がれますので、色々なアレンジを楽しめます。例えば苦みが苦手な方やお子様の場合は、明日葉の青汁に、乳酸菌ドリンクを加えても良いでしょう。糖質制限をしている方は甘い物を控えた方が良いですが、乳酸菌をプラスすることで、お腹の調子を整える整腸作用がアップします。また大人の方なら、日本酒で割って飲むといった方法もOKです。日本酒はアミノ酸を多く含んでいますから、適量であれば数々の健康効果を望めます。さらに、血液の循環を良くする効果は高く、そのことで肩こりや冷え性の改善をはじめ、肌をしっとりさせてツヤも出すなど、美肌効果を期待できる1杯になるのです。百薬の長と呼ばれる日本酒と、明日葉の大地の恵みが合わさることにより、大人の健康を支えてくれますが、飲み過ぎには気を付けましょう。